華の世界に入ってから長い月日がたちました

はじめは母に押し付けられお稽古をし始めましたがお稽古が重なるにしたがって

盛り花の花を足していくプラスの美と瓶花けのマイナスの美を生ける楽しみが分かって参りました


店先を飾る豪華なお花も素敵ですが

道端にひっそりと咲いてる可憐なお花に出合えた時ほど心和み 四季を感じさせてくれます

野に咲いてる名もない可憐な花を一輪 

無駄を省き持ち味を生かして お部屋に花一輪の爽やかさを出せる生け方ができればと

思っております。

そのことが出合った花への私のお礼の気持ちでございます。

花のお部屋では少しずつですがお稽古した生け花を更新して行きたいと思っています

つたないHPにいらしてくださった皆様に心から感謝いたしております。